FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Ⅲ Ⅱの1及び2のいずれにも該当する事業主であっても、それが労働者派遣法の規定に違反することを免れるため故意に偽装されたものであって、その事業の真の目的が労働者派遣法違反第2条第1号に規定する労働者派遣を業として行うことにあるときは、労働者派遣法事業を行う事業主であることを免れることができない。
スポンサーサイト
2008.02.26 Tue l 派遣と請負 l COM(0) l top ▲
続きです

2 次の(1)から(3)までのいずれにも該当することにより請負契約により請け負った業務を自己の業務として当該契約の相手方から独立して処理するものであること。

(1) 業務の処理に要する資金につき、すべて自らの責任の下に調達し、かつ、支弁すること。

(2) 業務の処理について、民法、商法その他の法律に規定された事業主としてのすべての責任を負うこと。
2008.02.25 Mon l 派遣と請負 l COM(0) l top ▲
今回は派遣と請負の区分基準について説明します。

少し長いので、3回に分けて記載します。

この区分基準は昭和61年4月17日労働省告示第37号にて示されています。

Ⅰ この基準は、労働者派遣法の適正な運用を確保するためには労働者派遣事業に該当するか否かの判断を的確に行う必要があることにかんがみ、労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分を明らかにすることを目的とする。

2008.02.24 Sun l 派遣と請負 l COM(0) l top ▲
前回派遣と請負について簡単に説明しましたが、

指揮命令関係があるかないかは非常にポイントです。

例えば最近世間を騒がせている偽装請負とはどのようなことをいうのでしょうか?
2008.02.21 Thu l 派遣と請負 l COM(0) l top ▲
最近、大和製缶でもニュースになりましたが、

派遣と請負について書いてみたいと思います。

なぜ、企業は請負にしたいのか?

別のカテゴリでも書きましたが、請負か労働者かを参照。

もう少し詳しく説明すると、

2008.02.18 Mon l 派遣と請負 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。