上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
労働協約の締結過程について

今回の労働協約の締結に関し、

組合側が会社側に団体交渉の申し入れ。

定期昇給のみは現状維持を確保して欲しい。


会社側から組合側へ返答。

この中で、退職金に関しては退職金指数改定案があり、下げる内容であった。


組合側は、労働協約の締結までに計4回の職場集会を開く。

この間に、原告は、組合に対して退職金指数改定案に反対の意見を表明。
それに対しての返答も求めている。


会社側は、最初のものには回答しているが、他の申し入れには対応している様子がない。

組合側も、原告への回答として、

① 現時点では組合全体としての意思確認を行っただけ。
② 組合としては職場集会を4回も行っており手続きは尽くしている。
③ 労働基準監督署には交渉権限はない。
④ 上部組織からは、会社側の退職金指数改定について何も触れられた事実はない等。
  

スポンサーサイト
2008.10.27 Mon l 退職金 l COM(1) l top ▲
今日も、かなり株価が下がりました。

私も確定拠出を個人で掛けていますが、商品によってはかなり目減りしています。

まああまり掛け金は少ないのでいいのですが、

会社において導入され掛け金もかなり大きい場合は、まずいのではないでしょうか?

退職金規定を見てみないとわかりませんが、

確定拠出であれば、
2008.10.07 Tue l 確定拠出年金 l COM(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。