上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
平成24年8月10日に成立した法律の中で、一番気になった改正について取り上げます。

適用拡大の考え方

○ 被用者でありながら被用者保険の恩恵を受けられない非正規労働者に社会保険を適用し、セーフティネットを強 化することで、社会保険における「格差」を是正。

○ 社会保険制度における、働かない方が有利になるような仕組みを除去することで、特に女性の就業意欲を促進して、今後の人口減少社会に備える。

現行 週30時間以上は社会保険に加入

短時間労働者への適用拡大(平成28年10月から)

① 週20時間以上
② 月額賃金88千円以上(年収106万円以上)
③ 勤務期間1年以上
④ 学生は適用除外
⑤ 従業員501人以上の企業

3年以内に検討を加え、その結果に基づき、必要な措置を講じる。(法律に明記。)



「格差を是正」することは良いことですが、賃金の低い人から取ることばかり考えないで、賃金の高い人から取る

ようにしないと意味がない。

例えば、健康保険や厚生年金は報酬により保険料が決まっていますが、

それぞれ上限があるため、賃金からの徴収割合は賃金が高ければ高いほど低くなります。

しかし、このようなことで女性の就業意欲は促進されるのだろうか?








スポンサーサイト
2012.10.17 Wed l 日記 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。