FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は確定拠出年金に関して、気になる点を2点取り上げたいと思います。

ひとつは確定拠出年金には様々な商品が用意してありますが、その中に1つ以上の元本保

証の商品を用意してなければなりません。

この元本保証の商品について。

二つ目はまた従業員に対して、投資教育を行わなければなりません。

この投資教育についてです。

なぜかと言うと、

元本保証とはありますが、あくまで手数料等を引いた後の元本保証です。

また、元本保証の商品は利回りがかなり悪いです。

ということは、このまま低金利が続いた場合に、掛金の全額を元本保証の商品に掛け続けた場合、いざ退職金をもらう段階でかなり目減りしていることが考えられます。

確定拠出年金なので、運用は従業員の責任ですが、では投資教育はちゃんと行っているのでしょうか?

投資教育をしっかり行った上で、このような結果になっているのならばまだいいですが、十分な投資教育も行わず退職金をもらう段階になってびっくりしたような場合、事業主にその責任の追及をされるのではないかと思われます。

特に、このような投資教育が好きな方はいいですが、一切興味がなくとりあえず元本保証という言葉につられて全額かけている場合は要注意です。

もちろん他の商品が、最近の株価下落等によりそれ以上に損失が出ている場合もあります。運用は自己責任ということは簡単ですが、今後,投資教育は重要になってくると思われます。また、適年の廃止により確定給付から確定拠出に制度を変更した場合も特に注意しましょう。


ランキング参加中です。良ければ一押しお願いします。


スポンサーサイト

2008.01.17 Thu l 確定拠出年金 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。