上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今回は、先日ニュースになったマクドナルドの判決について考えてみたいと思います。

この事件は、マクドナルドの店長が労働基準法41条2項の管理監督者には当たらないとして、

未払いの時間外割増賃金等の支払いを求めた事件です。

管理監督者の範囲は管理監督者とはで1度書きましたが、

大きくみて3つの視点から該当性を判断します。

① 重要な職務と責任を有している(経営者と一体的な立場・会社の役員等)
② 労働時間等の規制になじまないような立場
③ その地位にふさわしい待遇

では今回の事件で、この3つの視点を裁判所がどのように判断したのかを見てみたいと思います。
① 重要な職務と責任を有している(経営者と一体的な立場・会社の役員等)

マクドナルドの店長は①に該当するのか?

店長は店舗の責任者として、

アルバイト従業員の採用及び育成
従業員の勤務シフトの決定
販売促進活動の企画・実施等

に関する権限を行使し、営業方針や営業戦略に即した店舗運営を遂行すべき立場にある。

店舗運営において重要な職責を負っていることは明らか。

しかし、


店長の職務・権限は店舗内の事項に限られる。

そのため、企業経営上の必要から、経営者との一体的な立場において、
労基法の労働時間等の枠を超えて事業活動することを要請されてもやむを得ないものと
いえるような重要な職務と権限を付与しているとは認めない。

この判断はどうでしょうか?

そもそも通達では、部長、工場長や銀行の支店長は管理監督者として認められると言っています。

もちろん名称だけではなく実態も必要ですが、

上記のような判断をされれば、どんなに大きな支店の支店長や工場長であっても、
あなたはその支店内若しくは工場内でしか権限が限られているから認められない。

と言われてしまえばどうしようもないのではないでしょうか?

あまりにも実態からかけ離れているように思います。

黒文字の判断については大いに疑問を感じます。

次回は②の視点について書きたいと思います。
スポンサーサイト

2008.04.25 Fri l 管理監督者とは l COM(1) l top ▲

コメント

No title
 はじめまして。社労士をめざして勉強中の者です。未熟者ですが、少し思うところがあったので書き込みさせていただきました。
 「店長の職務・権限は店舗内の事項に限られる」の点への注目ですが、自分は端的な基準にはならないと思います。あくまでも、実態の判断に委ねられる部分かと思うので、「店長の」ではなくて「マクドナルドの店長の・・・」と解するべきではないでしょうか。
 実際、全国何千店舗の店長が経営に影響を及ぼす発言権限を有すると考えるのは困難だと想像されますので。
 自分はこう解釈しましたが、どうでしょうか。
2008.05.02 Fri l めざせ社労士. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。